So-net無料ブログ作成

意外と簡単に外れるPDFのセキュリティ (・・; [PC]

閲覧と印刷が許可されているPDFに限られますがね。
怪しげなツールなどを使わなくても、簡単にPDFのセキュリティが外れるんですね。
なので、コンテンツのコピーとかページの抽出とか、簡単に出来るようになっちゃうんですよ。
これ、結構常識なんですかね???
私は最近知ったのですが。(^^;

準備するものは、GoogleChromeだけ。
WindowsとMacの両方で試してみましたけどね。
どっちも難なく外れちゃいましたよ。
  1. GoogleChromeを起動する。
  2. セキュリティのかかった(ただし閲覧/印刷が可能な)PDFをChromeの画面にドロップする。
  3. PDFが表示されたら「印刷」とする。この際、システムのダイアログでなくChromeの印刷機能を利用する。
  4. プリンタを「PDFに保存」に設定して、別のPDFとして保存する。
これだけです。

Chromeの印刷機能を使うので印刷できないPDFはNGですけどね。
でも、ベクトルデータはラスタデータに変換されることなくそのままみたい。
つまり、TrueTypeフォントはそのまま残ってるみたいなんですよ。
なのでこれだと、電子データ(文字)としての編集や引用が簡単に出来ちゃいますね。
(文字が画像データの場合でも、OCR機能とか使えばある程度文字データも起こせますけどね。)

PDFのセキュリティがザルなのか、Chromeがやっちゃってるのか・・・。
他文書を簡単に利用できるようになるのは利用者側にとっては便利かもしれませんが、利用される側にとってみれば、知らないところで勝手に使われるのもあんまり気持ちよくないし、法律的な問題になることがあるかもしれない。なので、利用される側としては、PDFをアップする際にちょっと注意が必要そうですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。